【】

数年ほど前から、〇〇活という単語を耳にする
TOP PAGE > 数年ほど前から、〇〇活という単語を耳にする

数年ほど前から、〇〇活という単語を耳にする

数年ほど前から、〇〇活という単語を耳にする機会も増えましたが、赤ちゃんがほしいな、と考えている女性が気になるのは「妊活」ですね。

一体何をすればいいのでしょうか。



面倒なものだと思うことはありません。女性の妊娠、出産に大きく関わる月経は卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二つが正常に作用することで周期性を持ちます。
子供が欲しいと思い始めたなら、最初は基礎体温を毎朝測ることから始めて、その結果からあなたの体温周期を可視化することがとても大事なことになります。もしも低温期と高温期が分かれていないなど気になることがあれば、診察を受けてみましょう。
妊活を実行中の女性の方で、基礎体温を測ってしばらく半年程頑張ってみても、赤ちゃんに恵まれないのであれば専門のクリニックにかかるのもいいと思います。


最近では男性側に問題があることも多くなっているようですし、ご夫婦に問題がなくても身体の相性が悪いということが本当にあるそうで、男性の精子が合わず卵子が攻撃することで受精しないようにしているそうです。
同じ検査でも保険が適用されず窓口での支払いが高額になってしまうクリニックも中にはありますので、まずは電話で確認を取ってから診察を受けるようにしましょう。


子供を設けることを考え始めたら、早い段階で妊活を開始しましょう。


誰も彼も年齢とともに老いていくわけですが、なんと卵子までも年齢とともに老化しており、質は劣化していくのです。

とどのつまり、年齢を重ねるごとに妊娠の可能性が低くなるという事です。また昨今では、社会進出を果たした女性の多くがストレスを抱え、バランスの崩れがちな食生活からホルモン分泌に異常をきたす事もあり、不妊の要因となってしまっているケースがあります。不妊治療を受ければ、間違いなく赤ちゃんを授かれるという訳でもありません。


それ故に、赤ちゃんを授かりたいのなら、妊活には早くから取り組んで効率的な時間の使い方をしましょう。妊活を始めるからには、まずはあなたがあなた自身の身体について良く理解していなければなりません。
生理は毎月正常に来ているか、排卵もサイクルに則ってきちんとされているか知っておきましょう。基礎体温は毎朝同じ時刻で計るようにして、計測数値を表で表してみましょう。


そんな面倒なことしたくない!という方にもお勧めしたい、数値を入れるだけでグラフにしてくれる便利なアプリがありますので活用して下さいね。


約3カ月ほど毎朝忘れずに基礎体温をつけていくと、あなたの体調の変化が基礎体温とともに周期性を持っていることがわかるはずです。妊活を始める最初のステップは、まさに自分の身体のことを改めて知ることなのです。
妊活を進める上で重要視されているのは自分の排卵日を特定する事です。スマートフォンの普及した現在では便利なアプリも沢山あり、生理の始まった日と終わった日を入れると排卵日がいつ頃かわかるようになっていますが、多くの場合は生理開始から14日後を表示しているだけで、絶対にこの期間中に自分の排卵日があるとは言えません。ですから、この予想と基礎体温を併用するようにしましょう。

まずはここから始めるようにして、基礎体温がどのような変化をしているのかしばらく様子を見てください。結婚して赤ちゃんを授かりたいと妊活も考えるようになった時、パートナーと妊活について改めて話す場を設けましょう。妊活をしている人の多くは、妻の頑張りがメインだと言いますが、、奥様だけの頑張りで妊娠できるかというと、そうはいかないものです。最近はご夫婦揃って不妊治療に臨まれる方も多く、その際に夫が原因でこれまでが不妊だったと判明するケースもあります。また夫婦生活を営んでも妊娠できない場合には、どの程度の治療を、いつまで行うのか考えていかなくてはならない場合もあります。こういった時こそ、夫婦で力を合わせて乗り越えなくてはいけないので、お二人でしっかりと向き合って話し合いましょう。妊娠しやすい体を作るため、ちょっとしたことですが、様々な事をやっています。

例えば、季節に関係なく毎晩お風呂にお湯を溜めて浸かり、体を温めています。体の冷えを取り除くだけでなく予防もできますし、疲れが取れて元気になれます。


加えて、葉酸と鉄分を手軽なサプリで毎日飲むようにしています。


特に葉酸は妊娠の3ヶ月程前から飲むと良いと言われているので、妊娠したいと思うようになってから毎日欠かさず飲むようにしています。



妊娠すると貧血にもなりやすいので鉄分も摂るようにしていて、もし妊娠したら胎盤から健康的な栄養(血液)が赤ちゃんに届くよう、これも飲み続けています。



妻との間になかなか子供を授かることができず、妊活サプリを飲み続けて妊娠しやすい体作りを行っています。奥さんだけに全ての責任と期待を受け止めさせることはさせたくなかったので、夫の私も一緒に飲めるサプリを買って、これでも効果が出なければ自力で出来ることをしても結果が伴わなければ不妊治療に特化した病院で然るべき検査をするつもりですが、妻の生理が乱れることなくきちんと周期的にくるようになり、.効果としてはまずまずです。
少し前まで妊活をしていた者です。

今は授かった女の子も5ヶ月になりました。病院に通院していた妊活中、授かるまでの数年間は出口の見えないトンネルをひた走っている状態でした。

いつ治療を諦めるか考えてはいましたが、6度の人工授精を経て授かりました。
こうして赤ちゃんに出会えた事にお礼の言葉しか出ません。
妊活中は仕事をしていましたが、ストレスなく働けるように気をつけていました。
色々と出かけてリフレッシュしていたのも夫婦の良い思い出になりました。



3年にわたる不妊期間を経て、やっと赤ちゃんを授かりまりた。
不妊に悩みつつも私がずっと続けてきた妊活が、冷えを取り除き基礎体温を上げるというものでした。
基礎体温が全体的に低い状態、すなわち低体温状態にある時、これを見過ごしていると、肌荒れ、便秘だけではなく、妊娠しづらい体を作ってしまいます。

低体温状態から抜け出そうと意識的に取り組んできたのが毎日の食事を変えることです。
緑黄色野菜や根菜類、寒い地方で収穫されたもの、12月〜2月が旬の野菜は体の血行を良くするビタミン類を多く含む事から身体も温まるので、いつもの献立に好んで取り入れるようにしていました。
毎日の食生活でちょっと気をつけるだけなので、煩わしくて面倒という事は何もありません。

ただいまの時刻








Copyright (C) 2014 ピジョン葉酸サプリは危険?その口コミの真実を妊婦が解説 All Rights Reserved.

ページの先頭へ