【】

前々から月経は乱れがちだったので、ひとまず毎朝必ず
TOP PAGE > 前々から月経は乱れがちだったので、ひとまず毎朝必ず

前々から月経は乱れがちだったので、ひとまず毎朝必ず

前々から月経は乱れがちだったので、ひとまず毎朝必ず基礎体温を計ることにしました。インターネットなどから得た情報を参考に自分のやり方でタイミングを探ってみましたが、半年経っても妊娠しないため、外国製の安い排卵日検査薬を通販サイトで手に入れて、しっかり排卵日がわかった上でタイミングをとると、半年足らずの間に妊娠することができました。夫も私も仕事に追われ肉体的疲労から何度もタイミングは取れなかったので、排卵日をきちんと特定できたことが妊娠に繋がったのだと思います。



妊娠に適した体作りのため、些細なことですが、様々なことに取り組んでいます。
例を挙げると、春夏秋冬いつでもお風呂は毎晩お湯を溜めて浸かることにして、冷え取りを行っています。冷え性の予防と改善を一緒行える上に、さらに疲れも一緒に取れるので毎日元気に過ごせています。



また、毎日サプリで葉酸と鉄分も補給しています。

中でも葉酸は妊娠を望む3ヶ月前から飲むと良いと聞いたので、妊娠したいと思うようになってから毎日欠かさず飲むようにしています。赤ちゃんができると母体は貧血を起こしやすくなるので今から鉄分も飲んでおり、もし赤ちゃんができたら私の体から必要な栄養と血液が胎盤を通って赤ちゃんに渡っていくのですから、2つのサプリは継続して飲みます。結婚をしそろそろ妊活を考えてみようかなと思った時、パートナーとの話し合いは必ず行いましょう。
妊活というと、女性が主導権を持って行っていますが、妻だけの努力で赤ちゃんを授かる事は不可能です。現在、不妊治療をする夫婦も増えてきており、治療を進めていく中で旦那様に治療が必要なケースもあり得ます。加えて、タイミングを取っても妊娠できない場合には、受ける治療法をどの程度、どれくらいの期間にするのかなど決める必要が出てきます。こうした場合、夫婦での助け合いが必須となりますので、ゆっくりとお二人で話し合う時間を持つようにしましょう。妊活中の友人や子供をもう持っている友人と話して、情報収集をすることも大事な妊活だと思っています。インターネットを駆使して自分でもできる方法を探してはいますが、そうは言っても見つけることのできない情報も数多くあり、友人から得る情報の多くは知らないことばかりです。
特に子持ちの友人の話は信頼度も高く、自分も妊娠して喜べるような、頑張れる気持ちになるのでとても大事です。

私も将来的には妊活を始めた他の友達や妹に私がしてきた事を教えてあげたいと考えています。


妊活を進めている中、基礎体温をつけるようになってから約半年間に様々なことを頑張ってみても、妊娠できないようであれば病院で一度はしっかりと診察してもらうことをお勧めします。近年では男性側に問題があることも多く、夫婦が互いに問題がない場合でも相性が問題となっていることもあるようで、男性の精子と合わない場合には卵子が受け付けないように攻撃してしまうこともあるようです。

検査内容は同じでも保険の適用が認められずに窓口での支払いが高額になってしまうクリニックも中にはありますので、まずは電話で確認を取ってから診察を受けるようにしましょう。現在多くの方が不妊治療を受けてらっしゃいます。妊娠する可能性があるのならと、できる事は何でもやろうという方も多いのではないでしょうか。
出来ることはたくさんあります。最初に、常日頃から栄養バランスの良い食事をするという事です。



過剰なダイエットは偏りのある栄養バランスになりがちなのでオススメできません。

そして次は妊娠すると栄養素の中でも重要になってくる葉酸を摂ることです。
赤ちゃん体をつくる大切な栄養素です。


サプリメントを活用して1日の必要量を摂取するよう心掛けましょう。

簡単にできることから妊活を行っていくことが肝心です。妊活という言葉が広く知られるようになったのはここ最近です。



ママになりたい女性が取り組む妊活は、冷え性対策が何よりも大切だといえます。男性よりも女性の方が身体が冷えやすいと言われています。

生理不順の原因が慢性的な身体の冷えである場合も多く、妊娠しやすい状態とは言えなくなってしまいます。

冷え性の改善には、筋力を増やすことと毎日暖かい湯船に浸かるのを習慣化すること、身体を冷やしにくい暖かい物を食べるようにコツコツとした努力が必要不可欠です。そろそろ子どもが欲しい時期だなと、よく旦那と話しています。



とりあえずは妊活も入門編から始めていくといいように思います。



毎日の生活習慣から体が冷える習慣をなくしたり、ズボラだった基礎体温の習慣をきちんと、毎朝決まった時間で計れるように目覚ましをかけるようにしています。

乱れていた食生活も毎食ちゃんと食べるようにしています。寝る時間も10時に寝て7時に起きるようにしています。今月は検査薬をあと少しで使えるようになるので、すごく楽しみにしています。妊娠を望むのであれば、身体の冷えは最も避けなければならない事です。


なにより首・手首・足首の保温を怠ると冷えが強くなりやすく、女性器まで冷えてしまい妊娠しにくくなる恐れがあります。
冷えの対策に効果的なのが、温かいものを口にするという事です。
冷えた飲み物がどうしても飲みたいのであれば、冷蔵庫などで冷やしただけで氷はなしにする、でも効果があります。

またお風呂はぬるめのお湯を溜めて、30分くらいお湯に浸かる事で身体の緊張感もほぐれ、血行も良くなります。
ラストに、ぜひ取り組んで頂きたいのが運動です。

なによりもウォーキングは妊活への影響が大きく、20分程度のウォーキングを毎日続けると血の巡りが改善され、妊娠しやすい身体になります。一口に妊活と言っても色々な方法があります。ヘアーサロンでの髪染めも化学的なものより自然由来のものを使うようにしたり、食べ物も自然由来のものに切り替えたりすることもはっきりと妊活であると言えます。


何よりも体を冷えから守ることは極めて効果の期待できる妊活と言われています。
私達は赤ちゃんを授かることがなく長い間悩んでいましたが、私達の場合は双方とも問題がなかったのでこれまでのことを意識した生活を続けて、結果として現在はお腹に新しい命を宿しています。

ただいまの時刻








Copyright (C) 2014 ピジョン葉酸サプリは危険?その口コミの真実を妊婦が解説 All Rights Reserved.

ページの先頭へ