【】

妊娠しやすい体を作るため、ちょっとしたことですが、
TOP PAGE > 妊娠しやすい体を作るため、ちょっとしたことですが、

妊娠しやすい体を作るため、ちょっとしたことですが、

妊娠しやすい体を作るため、ちょっとしたことですが、様々な事をやっています。


例として、一年中お風呂は必ず湯船に入り、体の冷えを防いでいます。



冷えの改善と予防を2つ同時に行えますし、体も心もリフレッシュして元気になれます。
さらに、葉酸と鉄分をサプリで毎日摂取しています。


特に葉酸は妊娠したいなら3ヶ月前から飲むと効果があるとされているので、、妊娠したいと思うようになってから毎日欠かさず飲むようにしています。



妊娠すると貧血にもなりやすいので鉄分も摂るようにしていて、もし妊娠できたら赤ちゃんに胎盤を通して十分な栄養と血液を送れるように、これも飲み続けています。今、不妊治療を受けている方が沢山いらっしゃいます。妊娠の確率を少しでも上げるために何でもやってみようという方もいますよね。
やれる事は沢山あります。まずはじめに、バランスの崩れやすい食生活を正しいものする事です。ダイエットを無理に進めていくと摂取する栄養にもバラつきが出てくるのでやめておきましょう。

続いて妊娠中の体にもっとも重要だとされている葉酸の摂取についてです。


この葉酸という栄養素の働きにより胎児の体が作られていくため欠かすことができません。サプリメントを活用して1日の必要量を摂取するよう心掛けましょう。


身の回りでできることから妊活を進めていくことが大事です。妊娠を望むのであれば、身体の冷えは最も避けなければならない事です。

中でも首・手首・足首を冷やしてしまうと全身の冷えが強くなり、子宮や卵巣環境の悪化を招くことがあります。
冷えを取り除くには、まずは温かいものを食べたり飲んだりするようにしましょう。

冷たい飲み物がどうしても欲しい時には、氷を避けるだけでも効果があります。さらに入浴方法をシャワーからぬるめのお湯の入浴に切り替えて、30分くらいお湯に浸かる事で身体の緊張感もほぐれ、血行も良くなります。冷え改善策として最後に試して頂きたいのが、運動です。特におすすめなウォーキングは手軽に行える上に妊活にも有効で、20分程度のウォーキングを毎日続けると血の巡りが改善され、妊娠しやすい身体になります。
赤ちゃんが欲しいと思ったら、早い段階で妊活を開始しましょう。

誰もが歳を重ね年老いていくのと同じように、卵子も年齢に比例して老化していくのです。
これがどういう事なのかというと、妊娠するにはリミットがあるという事です。また今の時代、女性が働きに出る機会が増加した事でストレスに晒される機会も増加、食事も栄養バランスが乱れがちとなるとホルモンバランスまでも崩れてしまい、不妊につながる場合もあります。
不妊治療をすれば確実に妊娠するというものでもありません。

そのため、子供が欲しいのであれば、早めに妊活を始めて有効に時間を使いましょう。
結婚し、半年が経ちそろそろ自分たちの子供が欲しいと思い始めた時期です。
妊娠に適した身体になるように私が取った方法はシンプルで簡単な事です。


それは、身体から冷えを取り除くことです。

身体を冷やさないことは妊娠するためには大切なことです。
冷えを身体から遠ざける為に、大好きなアイスを食べすぎない、冷たい飲み物も避けるようにして、すすんで常温のものを飲むようにしました。


簡単でシンプルな事ばかりですが、私の体の妊娠力を信じて、健康的な方法で妊娠できるように毎日頑張ります。
妊活中、基礎体温をつけるようになって半年程ご夫婦で頑張ってみても、ベビーが来てくれない場合は不妊治療に特化した病院で診てもらうのも良いと思います。


近年では男性側に問題があることも多く、夫婦が互いに問題がない場合でも相性が問題となっていることもあるようで、相性が悪い場合には卵子が相手の精子を攻撃することで受精しないようにしているそうです。

同じ検査でも保険適用外になってしまい高額にする病院もあるので、一度電話で確認してから行くといいです。結婚後しばらく経ち妊活を始めようと思った時、パートナーにもその事を伝えましょう。妊活というと、女性が主導権を持って行っていますが、女性一人が努力をしても報われるわけではありません。


現在、不妊治療をする夫婦も増えてきており、その治療の中で夫側が不妊治療を主に進めなくてはならない場合もあります。しかも自然妊娠が不可能な場合には、受ける治療法をどの程度、どれくらいの期間にするのかなど決める必要が出てきます。こうした場合、夫婦での助け合いが必須となりますので、ぜひお二人で話し合う機会を持ちましょう。
妊活と一括りにいっても様々な方法がありますよね。
ヘアーサロンでの髪染めも化学的なものより自然由来のものを使うようにしたり、食料品をオーガニックに変更することも多様な妊活の方法の1つです。



何よりも体を冷えから守ることは高い効果が見込まれている妊活ともされています。



私達夫婦は子宝に恵まれずに長期にわたって悩まされてきましたが、私達のどちらにも問題がないとわかり、上記のことに気を付けながら妊活を続け、その結果、今はお腹に赤ちゃんを授かることができました。赤ちゃんを待ち望んで3年、やっと待望の赤ちゃんができました。

こうして妊活に成功した私ですが、主に取り組んだのは基礎体温を上昇させるというものでした。一般的に36℃以下の体温は低体温状態とされ、これをそのままにしていると、肌の状態も悪くなり、便秘が続くだけではなく妊娠しにくい子宮環境を作ってしまいます。


基礎体温を上昇させるために食生活の改善は一番意識して行いました。暖色系や濃い色の食材、雪の降る地域で収穫される食材、冬が旬の食材には体を温める食材が多いので、積極的に毎日の食事に取り入れました。


毎日の食事にほんの少し気を遣うだけなので、やりにくいとか大変だとかいう事はありません。妊活をしている友人や既に子供がいる友人と話して、役立てそうな情報を集めるのも重要な妊活といえるものだと思います。

インターネットを駆使して自分でもできる方法を探してはいますが、残念ながら全てを拾い切ることは無理なようで、友人から得る情報の多くは知らないことばかりです。とりわけ子供を持つ友人の情報は信頼性も非常に高く、自分の妊娠の可能性が高くなる気がして、ポジティブに取り組もうと思わせてくれる素敵な話ばかりです。



そう遠くない未来で私も妊活を始めた他の友達や妹に私がしてきた事を教えてあげたいと考えています。

ただいまの時刻








Copyright (C) 2014 ピジョン葉酸サプリは危険?その口コミの真実を妊婦が解説 All Rights Reserved.

ページの先頭へ