【】

排卵日がいつなのか知りたかったの
TOP PAGE > 排卵日がいつなのか知りたかったの

排卵日がいつなのか知りたかったの

排卵日がいつなのか知りたかったので基礎体温を計ることが習慣化しました。

毎朝目覚めてから体温を計るまでに動いてはいけないので、布団から手の届く場所に体温計を準備しておくのは良いのですが、目覚めきっていない体で体温を計ると二度寝の危険性が非常に高くなるので気を抜けません。

計っている間に寝てしまっても何ら問題はないのですが、寝坊で会社に遅刻する事態だけは避けなければなりません。基礎体温は自身のコンディションを知る指標としても活用できるので、妊活中でなくても計ってみるといいかもしれません。見本通りのグラフにならない時は体が疲れていると判断をして、ライフスタイルを見直すようにしています。
3年にわたる不妊期間を経て、やっと赤ちゃんを授かりまりた。
そんな私が妊活中に行ったことは、基礎体温を上げるということでした。基礎体温が全体的に低い状態、すなわち低体温状態にある時、これを見過ごしていると、便秘がちになり肌の状態も不安定に、さらに子宮や卵巣までもが冷えているために妊娠しづらい状態となってしまうのです。体温を少しでもあげようと何よりも努力したのが食事の摂り方です。橙や茶色など濃い色の野菜、寒い地方で栽培されている野菜、冬が最も美味しいとされる食材は身体を温めてくれるものが多いので、積極的に毎日の食事に取り入れました。毎日食べるものに少し気をつけるだけなので、難しいことも辛いこともありません。
結婚をしそろそろ妊活を考えてみようかなと思った時、パートナーと妊活について改めて話す場を設けましょう。妊活といえば、基本的には妻の方が積極的に動いていますが、奥様だけの頑張りで妊娠できるかというと、そうはいかないものです。今は不妊治療を夫婦で行うケースも増えており、その中の原因として男性不妊という場合もあります。また夫婦生活を営んでも妊娠できない場合には、どの程度の治療を、いつまで行うのか考えていかなくてはならない場合もあります。

その時に欠かせないのはパートナーの協力となりますので、ぜひお二人で話してみましょう。子供が欲しいと感じたら、早い段階で妊活を開始しましょう。誰も彼も年齢とともに老いていくわけですが、卵子も年齢を重ねるごとに、卵子の質は低下をしていきます。
ということは、すなわち妊娠しづらくなる可能性があるということです。またここ数十年の間に、女性が働きに出る機会が増加した事でストレスに晒される機会も増加、食事も栄養バランスが乱れがちとなるとホルモンバランスまでも崩れてしまい、妊娠が困難な場合もあります。不妊治療を受ければ、間違いなく赤ちゃんを授かれるという訳でもありません。

それ故に、赤ちゃんを授かりたいのなら、妊活には早くから取り組んで効率的な時間の使い方をしましょう。
以前より生理周期が不規則だったので、ひとまず毎朝必ず基礎体温を計ることにしました。


妊活情報サイトなどにある方法を自己解釈してタイミング法を実行しましたが、半年経っても妊娠しないため、通販サイトで海外製の安価な排卵検査薬を購入し、結果を元に排卵日を特定して実行してみると、4ヶ月で妊娠に成功しました。

お互いに仕事漬けの毎日で体力的に頻繁にタイミングを取ることができなかったので、排卵日を特定しなければなかなか妊娠しなかったと思います。
結婚して半年ほど経った頃に子供の事を考えるようになりました。妊娠しやすい体作りの為に私が取り組んだ事は簡単なものばかりです。

それは、身体を冷やさないこと。身体を冷やさないことは妊娠するためには大切なことです。身体を冷えから守るために、大好物のアイスクリームをたくさん食べないこと、喉が渇いた時には冷たいものではなく、できるだけ常温のものを選ぶようになりました。実に簡単な事ばかりですが、自分の身体が本来持っている妊娠力を信じて、毎日を健康に過ごして妊娠できるように努力していこうと思います。



妊活中、基礎体温を測り始めて夫婦で6か月近く努力してみても、妊娠できないようであれば病院で一度はしっかりと診察してもらうことをお勧めします。男性の方に問題があることも最近では多くなっていますし、女性にも男性にも問題がない場合は相性が問題になることもあるそうで、男性の精子が気に入らないと卵子が受け入れずに攻撃で精子を撃退してしまうこともあるといいます。

同じ検査でも保険が適用されず窓口での支払いが高額になってしまうクリニックも中にはありますので、初診の場合には必ず確認を取ってから行くようにしましょう。妊娠に適した体作りのため、些細なことですが、様々なことに取り組んでいます。
例として、一年中お風呂は必ず湯船に入り、体の冷えを防いでいます。冷えの改善と予防を2つ同時に行えますし、体の疲れまで取れて元気になります。さらに、葉酸と鉄分をサプリで毎日摂取しています。特に葉酸は妊娠の3ヶ月程前から飲むと良いと言われているので、子供が欲しいと考えるようになってから毎日飲むようになりました。妊娠中は立ち眩みや貧血を起こしやすい状態になるので鉄分も積極的に飲むようにして、ちゃんと妊娠したら母体から血液を通して栄養をしっかりと赤ちゃんに与えるために、これも飲み続けています。

妊活中の友人や子供をもう持っている友人と話して、情報を集めることも妊活において大事なことだと考えています。自分で試せる事はネットから拾っていますが、そうは言っても見つけることのできない情報も数多くあり、友人が教えてくれなければ知らないままだった方法もかなりあります。

とりわけ子供を持つ友人の情報は信頼性も非常に高く、自分の妊娠の可能性が高くなる気がして、モチベーションを高くしてくれる大事な存在です。いつの日か私も同じように妊活で困っている友人や妹に実体験を話すつもりです。



妊活というフレーズが世間一般に広く認知されるようになったのはごく最近のことです。女性ならではの妊活としては、冷え性の改善がもっとも大切とされています。


男性よりも女性の方が身体が冷えやすいと言われています。

生理不順の原因が慢性的な身体の冷えである場合も多く、妊娠しやすい体質から遠ざかってしまいます。

身体から冷えを取り除くには、筋トレや運動での筋肉量のアップと、毎日の入浴を欠かさないこと、飲食物は暖かいものを選んで食べるように努力して取り組むことが大事です。

ただいまの時刻








Copyright (C) 2014 ピジョン葉酸サプリは危険?その口コミの真実を妊婦が解説 All Rights Reserved.

ページの先頭へ