【】

妊娠に向けた体作りとして、大したことではない
TOP PAGE > 妊娠に向けた体作りとして、大したことではない

妊娠に向けた体作りとして、大したことではない

妊娠に向けた体作りとして、大したことではないのですが、色々なことに取り組んでいます。一例を挙げると、年間を通して毎晩湯船に浸かるようにして、体を冷やさないようにしています。



冷え性の予防と改善を一緒行える上に、さらに疲れも一緒に取れるので毎日元気に過ごせています。
同時に、葉酸と鉄分のサプリメントを飲用しています。とりわけ葉酸に至っては妊娠する3ヶ月前から飲み続けるほうが良いと言いますし、赤ちゃんが欲しいと思うようになってから毎日飲み続けています。
妊娠中は貧血になる方も多いと言うので予防のために鉄分も摂取し、このまま妊娠できたとしたら胎盤から胎児へ大事な栄養素と血液が送られていくように、それを補うためにこれらのサプリはずっと飲み続けます。3年という長い月日を経て、待ち望んでいた赤ちゃんが私たちのもとに来てくれました。こうして妊活に成功した私ですが、主に取り組んだのは基礎体温を上昇させるというものでした。
低体温、つまり体温が低い状態を放置していると、便秘に悩まされたり、お肌の状態も悪くなり、あろうことか妊娠に関わる女性器までも低体温による冷えで不妊となってしまうのです。
体温を少しでもあげようと何よりも努力したのが食事の摂り方です。
緑黄色野菜や根菜類、寒い地方で収穫されたもの、冬が最も美味しいとされる食材は身体を温めてくれるものが多いので、積極的に毎日の食事に取り入れました。毎日の食事にほんの少し気を遣うだけなので、難しくて嫌になるということはありませんでした。少し前まで妊活をしていた者です。授かった命も今では5ヶ月の女の子になりました。



妊活は病院に通いどこまで続くかもわからないトンネルを歩き続けてきた数年間でした。
諦め時が決まらず悩んでいましたが、6回の人工授精を繰り返して念願の赤ちゃんを授かりました。こうして赤ちゃんに出会えた事にお礼の言葉しか出ません。
妊活中もそれまでと変わらず働きに出ていましたが、ストレスはすぐに解消するように心がけていました。


主人と色々気分転換に出かけた事も今は良い思い出です。

身体の冷え、それは妊娠を考えている女性がもっもと敵視しなければならないものです。血管の集中する首・手首・足首の冷えは内蔵にも大きく作用し、子宮や卵巣環境の悪化を招くことがあります。冷えの対策に効果的なのが、温かいものを口にするという事です。どうしても冷たい物を飲みたい時には氷は控えるなどでも違いはあります。
毎日のお風呂もシャワーではなくぬるま湯に、ゆっくりつかることでリラックス効果もあり、血流もよくなります。冷え改善策として最後に試して頂きたいのが、運動です。中でもウォーキングは冷え改善だけでなく妊活にも効果があるとされ、20分程度のウォーキングを毎日続けると血の巡りが改善され、妊娠しやすい身体になります。多くの方は結婚して二人での生活にも慣れてきた頃に妊活を考え始めると思いますが、パートナーとの話し合いは必ず行いましょう。



妊活を進めていくのは、主に奥様だというご夫婦も多いですが、女性一人が努力をしても報われるわけではありません。


夫婦が一緒になって不妊治療を進めている事例も、最近では増加しており、そこで不妊の原因が男性側にあったという事例もあります。
さらに加齢などにより自然妊娠が難しい場合には、どのような治療をいつまで続けるのか、あらかじめ決めなければいけません。

その時には、やはり夫婦の協力が不可欠となりますので、ぜひお二人で話してみましょう。
世間に妊活という言葉が浸透するようになったのはつい最近のことです。



女性ならではの妊活としては、体を冷やさないことが大事だと言われています。
男性よりも女性の方が身体が冷えやすいと言われています。


冷えが慢性化することで生理不順に繋がったりする場合もあり、なかなか妊娠を望める体の状態に近づくことができません。



冷え性の改善には、筋力を増やすことと毎日暖かい湯船に浸かるのを習慣化すること、飲食物は身体を冷やさない暖かい物を口にするようコツコツとした努力が必要不可欠です。そろそろ子どもが欲しい時期だなと、夫と話す機会が増えましたをまずは、初歩的なところからかなと思います。毎日の暮らしの中ではカラダの冷えを予防したり、適当に計っていた基礎体温をちゃんとアラームを使って同じ時間に測るようにしています。



食べない事もあった食事も3食ちゃんと食べる事にしました。寝るのは必ず10時、起きるのは7時とメリハリのある生活に変化させました。今月はようやく検査薬を使えるので楽しみでしかたありません。



子供を望んでいるのですがこれまでに私達が授かることはなく、現在は妊活サプリメントを継続して飲んでいます。

不妊の解決策を妻だけに押し付けるのは耐えられなかったので、夫の私も一緒に飲めるサプリを買って、いつも一緒に飲むようにしています。これで成果がないようなら病院でしっかりと検査をしてもらうつもりですが、これまで不規則だった妻の生理周期が安定したこともあり、それなりの効果はあるようです。



自分の身体をしっかりと見直すこと、まずはそこから妊活を始めましょう。


生理周期は毎月安定しているか、周期通りに排卵がされているかを調べなければなりません。


毎朝決まった時間に基礎体温を測り、その結果は折れ線グラフで表にしてみましょう。



グラフなんて書いてられない!そんな人にお勧めなスマホ用アプリやサイトもあるので、使ってみましょう。



基礎体温をつけ続けて約3カ月経つと、あなたの身体にも周期があることがわかると思います。自分の身体と向き合うことが、妊活のはじめの一歩です。


以前より生理周期が不規則だったので、手始めに基礎体温を知ることから始めました。ウェブ上の情報を元にして自分なりの方法でタイミングを見て行ってみましたが、開始してから6ヶ月経つというのに全く妊娠することがなかったので、海外製ですが排卵検査薬を通販で安く購入し、しっかり排卵日がわかった上でタイミングをとると、4か月で妊娠しました。お互いに仕事漬けの毎日で肉体的疲労から何度もタイミングは取れなかったので、排卵日をきちんと特定できたことが妊娠に繋がったのだと思います。

ただいまの時刻








Copyright (C) 2014 ピジョン葉酸サプリは危険?その口コミの真実を妊婦が解説 All Rights Reserved.

ページの先頭へ