【】

一口に妊活と言っても色々な方法がありま
TOP PAGE > 一口に妊活と言っても色々な方法がありま

一口に妊活と言っても色々な方法がありま

一口に妊活と言っても色々な方法があります。ヘアーサロンでの髪染めも化学的なものより自然由来のものを使うようにしたり、食品も自然なものに切り替えるなども多様な妊活の方法の1つです。
特に体を冷やさないようにするというのは数ある妊活の中でも高い効果が得られる方法です。

私達はずっと子供を授かりたいと願うと同時に授からないことに悩んでもきましたが、双方に問題がなかったので上記に掲げたことに注意しながら妊活をし続けて、結果として現在妊娠中です。
妊娠にまつわる活動として妊活という言葉が広く用いられるようになったのはここ数年のことです。


女性の妊活として、冷え性の改善がもっとも大切とされています。
男性と比較すると女性の方が冷えやすい身体の構造をしているそうです。身体の冷えが慢性的なものになると生理不順の要因となる事もあり、妊娠しやすい体質から遠ざかってしまいます。

冷え取りに効果的なのは、筋肉の量を増やすことと入浴で毎日湯船に浸かるようにすること、温かい食べ物や、飲み物を口にするようにコツコツとした努力が必要不可欠です。

少し前まで妊活をしていた者です。
今は授かった女の子も5ヶ月になりました。妊活は病院通いばかりで、それは光の見えないトンネルを彷徨い続けていた数年間でした。諦め時が決まらず悩んでいましたが、6度目の人工授精でやっと赤ちゃんを授かる事ができました。この素晴らしい出来事に今は感謝しかありません。

仕事は妊活中もずっとしていましたが、ストレスを溜め込まないように気をつけていました。夫婦で様々な場所へ行って気分転換できたのも今では懐かしい思い出です。妊娠に向けた体作りとして、大したことではないのですが、色々なことに取り組んでいます。例えば、季節に関係なく毎晩お風呂にお湯を溜めて浸かり、体を温めています。

体の冷えを取り除くだけでなく予防もできますし、体の疲れまで取れて元気になります。さらに、葉酸と鉄分をサプリで毎日摂取しています。
特に葉酸は妊娠の3ヶ月程前から飲むと良いと言われているので、妊娠したいと思うようになってから毎日欠かさず飲むようにしています。妊娠中は立ち眩みや貧血を起こしやすい状態になるので鉄分も積極的に飲むようにして、ちゃんと妊娠したら母体から血液を通して栄養をしっかりと赤ちゃんに与えるために、葉酸と鉄分は飲み続けます。結婚し、半年が経ちそろそろ自分たちの子供が欲しいと思い始めた時期です。妊活力をあげたい私が行ったのはとても簡単な方法です。
それは、身体を冷やさないこと。

妊娠を目指す女性が大切にすべき事は身体を冷やさない事です。体を冷やさないためにはできるだけ、大好きな氷菓はほどほどにしておくこと、飲み物は冷たいものではなく、可能な限り常温のものを飲むようにしています。簡単でシンプルな事ばかりですが、私の体が本来持っている力を信じて、毎日を健康に過ごして妊娠できるように努力していこうと思います。もともと生理が不定期だったため、手始めに基礎体温を知ることから始めました。

ウェブ上の情報を元にして自分なりの方法でタイミングを見て行ってみましたが、6ヶ月たっても妊娠しなかったため、ネット販売されていた海外輸入品の排卵日検査薬を格安で買い上げ、きちんと排卵日を知ってからタイミングをとってみたところ、わずか4ヶ月で妊娠することができました。
夫婦ともに仕事に忙殺され体の疲れから頻回でタイミングを取るのは辛かったので、正確な排卵日予想がなければ短期間の間に妊娠するのは不可能だったと思います。3年という長い月日を経て、待ち望んでいた赤ちゃんが私たちのもとに来てくれました。
不妊に悩みつつも私がずっと続けてきた妊活が、冷えを取り除き基礎体温を上げるというものでした。


基礎体温が全体的に低い状態、すなわち低体温状態にある時、これを見過ごしていると、便秘がちになり肌の状態も不安定に、さらに子宮や卵巣までもが冷えているために妊娠しづらい状態となってしまうのです。


なによりも食生活の変革は基礎体温を上げるために一番心がけて行ってきました。
赤や黒など色の濃い食材、北国で生産される食材、冬が旬の食材には体を温める食材が多いので、いつもの料理に積極的に登場させました。



毎日の食事にほんの少し気を遣うだけなので、煩わしくて面倒という事は何もありません。妊活を始めるからには、まずはあなたがあなた自身の身体について良く理解していなければなりません。

生理周期が正常であるか、排卵もサイクルに則ってきちんとされているか知っておきましょう。

毎朝決まった時間に起きて基礎体温を計測し、計測数値を表で表してみましょう。わざわざ手書きでグラフなんて無理!そんな人にお勧めなスマホ用アプリやサイトもあるので、使ってみましょう。



基礎体温を記録し始めて3カ月後には、自分の身体のサイクルが見えてくるはずです。妊活を始める最初のステップは、まさに自分の身体のことを改めて知ることなのです。子供を設けることを考え始めたら、早い段階で妊活を開始しましょう。


誰でもそうですが、歳をとり老いていくように、卵子も年齢を重ねるごとに、卵子の質は低下をしていきます。



結論から言うと、遅くなれば遅くなるほど妊娠しにくくなる確率が高くなるという事です。また昨今では、女性が外に働きに出るケースも多くなりストレス過多や、栄養素バランスの乱れによるホルモン系統の異変など、不妊の原因となっている場合もあります。
不妊治療を受ければ、間違いなく赤ちゃんを授かれるという訳でもありません。そのため、子供が欲しいのであれば、早めに妊活を始めて有効に時間を使いましょう。友人の中には妊活中だったり既に子持ちだったりする人もいますが、そうした友人たちとの会話の中で、情報を得ることも妊活では大事な活動だと思っています。インターネットを駆使して自分でもできる方法を探してはいますが、残念ながら全てを拾い切ることは無理なようで、友達が教えてくれる方法は初耳のものも多いです。

特に子持ちの友人の話は信頼度も高く、私でも妊娠できるかもと、頑張れる気持ちになるのでとても大事です。いつの日か私も同じように妊活で困っている友人や妹に実体験を話すつもりです。

ただいまの時刻








Copyright (C) 2014 ピジョン葉酸サプリは危険?その口コミの真実を妊婦が解説 All Rights Reserved.

ページの先頭へ